ランプベルジェのアロマオイルde本格アロマテラピー > スポンサー広告 > アロマテラピーの歴史~中世~

ランプベルジェのアロマオイルde本格アロマテラピー > ランプベルジェ アロマテラピーの歴史 > アロマテラピーの歴史~中世~

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランプベルジェ アロマテラピーの歴史

アロマテラピーの歴史~中世~


ランプベルジェは、自国フランスを始め、世界中で愛され続けているアロマランプアロマオイルの老舗ブランドです。
ランプベルジェの製品は100年以上の歴史を持ち、自国フランスの国際安全規格に基づいて製造されています。

すっかり日本でもおなじみとなったアロマテラピー
アロマテラピーとは、フランス語(aromathérapie)です。


芳香療法。
薬草・花などの香りの成分を用いて、神経の鎮静やストレスの軽減を図り、心身の健康を保たせようとするもの。
アロマセラピー。
(Yahoo!辞書より引用)

アロマテラピーの歴史色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PaleLila(白-薄い背景用)中世色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PaleLila(白-薄い背景用)

11世紀頃、アラブ人のアヴィセンナは、バラを用いた錬金術の過程で、精油とバラ水ができること(水蒸気蒸留法)を発見しました。
バラ水は十字軍により、ヨーロッパに広められました。
また、その他にもサンダルウッドや高価なスパイスなどが持ち帰られました。

そして、14世紀頃、「世界最古の香水」「若返りの水」と言われるハンガリーウォーターが作られました。

ハンガリーの王妃エリザベート1世が痛風にかかり政治もままならなくなった時、ある修道僧がローズマリーなどを主体として作った痛み止め薬を献上しました。
この香水を毎日のように入浴や洗顔などに使ったハンガリー王妃は、持病のリュウマチが治り、またポーランド国王からプロポーズされるほどの若さを取り戻したという伝説が残っています。

17世紀頃、イギリスでペストが大流行し、その時、香水工場で働いていた人達は、香料の持つ消毒、殺菌効果のお陰でペストにかかりにくかったと言われています。



<<アロマテラピーの歴史~現代~ランプベルジェのアロマオイルde本格アロマテラピーアロマテラピーの歴史~古代~>>

<<アロマテラピーの歴史~現代~ランプベルジェのアロマオイルde本格アロマテラピーアロマテラピーの歴史~古代~>>

♪♪♪

カスタム検索

★応援ありがとうございます★

ダイエットおから豆乳クッキー


ミニランプ♪





カテゴリ

最新記事

プロフィール

LampeBerger

Author:LampeBerger
ランプベルジェのアロマオイルde本格アロマテラピーへようこそ♪
香りがこんなに癒しになるなんて、私もびっくりでした。
ランプベルジェを使えばお手軽にアロマテラピーができるんです。
ランプベルジェのアロマランプは、見ているだけでも幸せになってくるくらいの芸術品♪
ランプベルジェでアロマテラピー生活はじめましょう☆



まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。