ランプベルジェのアロマオイルde本格アロマテラピー > スポンサー広告 > アロマテラピーの歴史~古代~

ランプベルジェのアロマオイルde本格アロマテラピー > ランプベルジェ アロマテラピーの歴史 > アロマテラピーの歴史~古代~

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランプベルジェ アロマテラピーの歴史

アロマテラピーの歴史~古代~


ランプベルジェは、自国フランスを始め、世界中で愛され続けているアロマランプアロマオイルの老舗ブランドです。
ランプベルジェの製品は100年以上の歴史を持ち、自国フランスの国際安全規格に基づいて製造されています。

すっかり日本でもおなじみとなったアロマテラピー
アロマテラピーとは、フランス語(aromathérapie)です。


芳香療法。
薬草・花などの香りの成分を用いて、神経の鎮静やストレスの軽減を図り、心身の健康を保たせようとするもの。
アロマセラピー。
(Yahoo!辞書より引用)

アロマテラピーの歴史色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PaleLila(白-薄い背景用)古代色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PaleLila(白-薄い背景用)

紀元前3000年頃のエジプトでは、神官を中心に、植物の香りで悪魔払いなどの宗教的な儀式を行ったり、皮膚を守る軟膏や香油を作り、治療のために用いていたんだそうです。
また、ミイラを作る時の防腐剤として、フランキンセンス、ミルラ、シダーウッド等が利用されていたとも言われています。

古代ローマ帝国時代の軍医ディオスコリデスは、旅をしながら薬物を実地研究し、マテリア・メディカ(薬物誌)を著しました。
これに収録されている植物はなんと600種類にも及び、数百年の間、世界の薬草鑑定のバイブルのように使われていたんだそうです。

また、ローマ帝国の皇帝ネロはバラをとても好んだそうで、バラの香油を身体に塗らせたり、皇帝が合図すると天井からバラの花が降りてきたりするなど、常にお部屋をバラの香りで満たしていたそうです。




<<アロマテラピーの歴史~中世~ランプベルジェのアロマオイルde本格アロマテラピーアロマオイル“イランイラン”の効果効能>>

<<アロマテラピーの歴史~中世~ランプベルジェのアロマオイルde本格アロマテラピーアロマオイル“イランイラン”の効果効能>>

♪♪♪

カスタム検索

★応援ありがとうございます★

ダイエットおから豆乳クッキー


ミニランプ♪





カテゴリ

最新記事

プロフィール

LampeBerger

Author:LampeBerger
ランプベルジェのアロマオイルde本格アロマテラピーへようこそ♪
香りがこんなに癒しになるなんて、私もびっくりでした。
ランプベルジェを使えばお手軽にアロマテラピーができるんです。
ランプベルジェのアロマランプは、見ているだけでも幸せになってくるくらいの芸術品♪
ランプベルジェでアロマテラピー生活はじめましょう☆



まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。