ランプベルジェのアロマオイルde本格アロマテラピー > ランプベルジェ アロマテラピーの歴史

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランプベルジェ アロマテラピーの歴史

アロマテラピーの歴史~日本~


ランプベルジェは、自国フランスを始め、世界中で愛され続けているアロマランプアロマオイルの老舗ブランドです。
ランプベルジェの製品は100年以上の歴史を持ち、自国フランスの国際安全規格に基づいて製造されています。

すっかり日本でもおなじみとなったアロマテラピー
アロマテラピーとは、フランス語(aromathérapie)です。


芳香療法。
薬草・花などの香りの成分を用いて、神経の鎮静やストレスの軽減を図り、心身の健康を保たせようとするもの。
アロマセラピー。
(Yahoo!辞書より引用)

アロマテラピーの歴史色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PaleLila(白-薄い背景用)日本色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PaleLila(白-薄い背景用)

日本では、1980年代頃からアロマテラピーに関する出版物が出始めました。
芳香浴やトリートメントを中心に、イギリス式のアロマテラピーのブームが訪れました。
1990年代頃から、ベルギーやフランスで発達したメディカルアロマテラピーも注目を集めはじめ、治療の補助として医療の現場でも活用され始めています。

最近では、アロマトリートメントサロンだけでなく、各種治療院、ホテルやスポーツクラブ、理美容院などでもアロマトリートメントが取り入れられています。
また、ペットのためのアロマテラピー、スポーツのためのアロマテラピーなども広がりを見せていますね。

アロマテラピーは趣味として楽しむだけでなく、仕事、リラクゼーションビジネスとしての側面でも、アロマテラピーの可能性はこれからもますます広まっていくことでしょう。





スポンサーサイト

ランプベルジェ アロマテラピーの歴史

アロマテラピーの歴史~現代~


ランプベルジェは、自国フランスを始め、世界中で愛され続けているアロマランプアロマオイルの老舗ブランドです。
ランプベルジェの製品は100年以上の歴史を持ち、自国フランスの国際安全規格に基づいて製造されています。

すっかり日本でもおなじみとなったアロマテラピー
アロマテラピーとは、フランス語(aromathérapie)です。


芳香療法。
薬草・花などの香りの成分を用いて、神経の鎮静やストレスの軽減を図り、心身の健康を保たせようとするもの。
アロマセラピー。
(Yahoo!辞書より引用)

アロマテラピーの歴史色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PaleLila(白-薄い背景用)現代色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PaleLila(白-薄い背景用)

20世紀初頭、フランスの化学者ルネ=モーリス・ガットフォセが研究中に火傷を負い、とっさに側にあったラベンダーの精油に手を浸したところ、 火傷の傷は短期間で回復し、しかも傷跡もきれいに治ったんだそうです。
その後、彼は精油の研究を始め、さまざまな論文を発表しながら、「アロマテラピー」という言葉をつくりました。

第二次世界大戦中、 薬が不足した時、フランス人の軍医ジャン・パルネは治療のために精油を広く用いたそうです。

同じ頃、オーストリア出身の生化学者マグリット・モーリーは、 精油を植物油に希釈したオイルでのマッサージを提唱し、その効能を一般に広めました。

1977年、ホリスティックアロマテラピーのリーダー的存在である、イギリス人のロバート・ティスランドが「The Art of Aromatherapy」を発表。
これが、アロマテラピーが大流行するきっかけとなり、現在は世界中に広まりを見せています。





ランプベルジェ アロマテラピーの歴史

アロマテラピーの歴史~中世~


ランプベルジェは、自国フランスを始め、世界中で愛され続けているアロマランプアロマオイルの老舗ブランドです。
ランプベルジェの製品は100年以上の歴史を持ち、自国フランスの国際安全規格に基づいて製造されています。

すっかり日本でもおなじみとなったアロマテラピー
アロマテラピーとは、フランス語(aromathérapie)です。


芳香療法。
薬草・花などの香りの成分を用いて、神経の鎮静やストレスの軽減を図り、心身の健康を保たせようとするもの。
アロマセラピー。
(Yahoo!辞書より引用)

アロマテラピーの歴史色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PaleLila(白-薄い背景用)中世色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PaleLila(白-薄い背景用)

11世紀頃、アラブ人のアヴィセンナは、バラを用いた錬金術の過程で、精油とバラ水ができること(水蒸気蒸留法)を発見しました。
バラ水は十字軍により、ヨーロッパに広められました。
また、その他にもサンダルウッドや高価なスパイスなどが持ち帰られました。

そして、14世紀頃、「世界最古の香水」「若返りの水」と言われるハンガリーウォーターが作られました。

ハンガリーの王妃エリザベート1世が痛風にかかり政治もままならなくなった時、ある修道僧がローズマリーなどを主体として作った痛み止め薬を献上しました。
この香水を毎日のように入浴や洗顔などに使ったハンガリー王妃は、持病のリュウマチが治り、またポーランド国王からプロポーズされるほどの若さを取り戻したという伝説が残っています。

17世紀頃、イギリスでペストが大流行し、その時、香水工場で働いていた人達は、香料の持つ消毒、殺菌効果のお陰でペストにかかりにくかったと言われています。



ランプベルジェ アロマテラピーの歴史

アロマテラピーの歴史~古代~


ランプベルジェは、自国フランスを始め、世界中で愛され続けているアロマランプアロマオイルの老舗ブランドです。
ランプベルジェの製品は100年以上の歴史を持ち、自国フランスの国際安全規格に基づいて製造されています。

すっかり日本でもおなじみとなったアロマテラピー
アロマテラピーとは、フランス語(aromathérapie)です。


芳香療法。
薬草・花などの香りの成分を用いて、神経の鎮静やストレスの軽減を図り、心身の健康を保たせようとするもの。
アロマセラピー。
(Yahoo!辞書より引用)

アロマテラピーの歴史色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PaleLila(白-薄い背景用)古代色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PaleLila(白-薄い背景用)

紀元前3000年頃のエジプトでは、神官を中心に、植物の香りで悪魔払いなどの宗教的な儀式を行ったり、皮膚を守る軟膏や香油を作り、治療のために用いていたんだそうです。
また、ミイラを作る時の防腐剤として、フランキンセンス、ミルラ、シダーウッド等が利用されていたとも言われています。

古代ローマ帝国時代の軍医ディオスコリデスは、旅をしながら薬物を実地研究し、マテリア・メディカ(薬物誌)を著しました。
これに収録されている植物はなんと600種類にも及び、数百年の間、世界の薬草鑑定のバイブルのように使われていたんだそうです。

また、ローマ帝国の皇帝ネロはバラをとても好んだそうで、バラの香油を身体に塗らせたり、皇帝が合図すると天井からバラの花が降りてきたりするなど、常にお部屋をバラの香りで満たしていたそうです。




♪♪♪

カスタム検索

★応援ありがとうございます★

ダイエットおから豆乳クッキー


ミニランプ♪





カテゴリ

最新記事

プロフィール

LampeBerger

Author:LampeBerger
ランプベルジェのアロマオイルde本格アロマテラピーへようこそ♪
香りがこんなに癒しになるなんて、私もびっくりでした。
ランプベルジェを使えばお手軽にアロマテラピーができるんです。
ランプベルジェのアロマランプは、見ているだけでも幸せになってくるくらいの芸術品♪
ランプベルジェでアロマテラピー生活はじめましょう☆



まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。